メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーカロイド発売から15年 当初は酷評、転機はやはり「初音ミク」 ヤマハの開発者が歴史を振り返る

ヤマハの剣持秀紀さん(左)と山本尚希さん(右)。剣持さんはファンの間で「ボーカロイドの父」とされている=浜松市中区のヤマハ本社で2019年8月8日、池田由莉矢撮影

 ヤマハ(浜松市)が開発した歌声合成技術「ボーカロイド」が今年、初代の発売から15年を迎えた。ボーカロイドを使った楽曲は、若者を中心に「ボカロ曲」と親しまれ、世界中にファンがいる。最新版は日本語だけでなく、英語で男女の声が作れるようになった。ボーカロイドの開発者らと歴史を振り返った。

海外雑誌で「1分待ってできるのは下手くそな歌声」

 ボーカロイドは、コンピューターで人工的に歌声を作る技術。旋律と歌詞を入力すると、内蔵された人の声で歌声が生成される。専用サイトで購入してインストールすれば、家庭用パソコンでも気軽に楽曲を作れる。

 ヤマハがボーカロイドの技術を提供した英国企業が2004年1月、独自の音声を組み込んで製品を発売した。これが初代だが、コンピューターへの入力から歌声ができるまでに時間がかかり、海外の音楽雑誌で「1分待ってできるのは下手くそな歌声」などと酷評された。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです