メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨 順天堂病院の孤立解消 陸路の通行可能に

水が引き順天堂病院に入った自衛隊の車両。周囲に残る泥水には油が浮いている=佐賀県大町町で2019年8月30日午前8時57分、津村豊和撮影

 九州北部の記録的大雨で周囲が冠水し、孤立していた佐賀県大町町の順天堂病院について、県は30日、大型車両の通行が可能になったとして孤立状態は解消したことを明らかにした。

 国土交通省九州地方整備局などがポンプ車を使い、29日から夜通しで病院周辺の排水作業を進めた結果、水位が大型車両や徒歩で通行できるまで下がった。

 30日朝には陸上自衛隊の大型トラックが、近くの鉄工所から流出した油混じりの泥水の中を進み、交代要員…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです