メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨 「出荷は無理」「土づくりやり直し」 農家に打撃

浸水した高さを示すイチゴ農家の男性=福岡県大木町で、中山裕司撮影

 27日からの大雨によって福岡県内の家屋被害は29日午後3時現在、八女市で一部損壊1件、同市や筑後市などで床上浸水69件、大川市などで床下浸水177件となった。29日も強い雨は降り続け、八女市の県道の崩落が拡大するなど、住民の不安も募っている。

イチゴ農家「手がつかない」

 28日の大雨で山ノ井川があふれ、農地や宅地が浸水した大木町福土では29日、イチゴ農家の男性(39)が作業に追われていた。9月15日に苗を植えるために土づくりをしていたビニールハウスは深さ70センチほど浸水。土づくりをやり直さなければいけないが、まだ手がつかない。男性は「山ノ井川の堤防を高くする話は聞いているが、早く何とかしてもらいたい」と嘆いていた。

 県は2019~23年度、同所から久留米市城島町までの約6キロで堤防のかさ上げなどをする予定。【中山…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです