メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「どこから手をつければ…」片付け本格化も途方に暮れる被災者 九州北部大雨

 九州北部の記録的な大雨で広範囲にわたって冠水した佐賀県武雄市では、築137年を数え、国の登録有形文化財となっている住宅も床上浸水した。1人で暮らす女性は「この家とは一心同体のようなもの。本当につらいがもはや修復は無理だろう」と肩を落とす。

 近くを流れる川があふれ、一帯が水没するなど大きな被害の出た同市朝日町甘久地域のJR高橋駅周辺。旧長崎街道に面して1882年に建てられた「桑原家住宅」も28日の大雨で1階が浸水し、泥だらけになった。1人で暮らす桑原佐恵子さん(70)は「家が心配だから」と避難所へ行かず2階で水が引くのを待ち続けた。「昔から『高橋に大水が来ないと夏は明けない』と言われ、これまでも雨の度に大変だったが畳の上まで水が来たのは1990年の時以来」と大切に守ってきた我が家の変わり果てた姿に動揺を隠せない。

 呉服屋、薬局などとして利用された2階建ての住宅は14部屋あり、敷かれた畳は119枚。丁寧な細工が施…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです