メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化で「波」に影響出る海岸線は世界の5割以上にも 京大などの国際研究チーム

世界の平均気温が約4度上昇した場合の波高予測

 現在のペースで地球温暖化が進むと、波の高さや向きなどに影響が出る海岸線は世界の5割以上に上るとの予測を、京都大などの国際研究チームが英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。日本は現在より波がやや穏やかになるが、砂浜など沿岸の地形が変わったり、海水が混ざりにくくなって生態系に影響が出たりする可能性がある。

 波は海上の風で生じるため、気候変動によって風の吹き方が変わると影響を受ける。チームは温室効果ガス濃…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです