1日に王将戦2次予選決勝、藤井聡太七段が谷川九段と公式戦初対局 新旧「早熟の天才対決」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2019年3月20日、加古信志撮影
藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2019年3月20日、加古信志撮影

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(17)と十七世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)による第69期大阪王将杯王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)の2次予選決勝が9月1日、大阪市福島区の関西将棋会館で指される。藤井は、勝てば初の挑戦者決定リーグ入り。一方の谷川には通算1325勝の勝利数歴代単独3位の記録も懸かる。注目の一番は、2人の公式戦初対局でもある。

 共に中学2年でプロ棋士になった早熟の天才。谷川は藤井にとって子どもの頃のあこがれの棋士で、最初の接点は藤井が小学2年のとき。谷川側の飛車と角を盤から取り除く「2枚落ち」で指導を受け、劣勢の局面で終了時間となった。谷川が「引き分けにしようか」と持ちかけると、藤井が将棋盤に覆いかぶさって泣きじゃくったというエピソードが残っている。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文768文字)

あわせて読みたい

注目の特集