メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カラス」は新種「クロツチクジラ」だった 北大などが漂着個体から発見

口の周辺に既知の2種と異なる特徴があるクロツチクジラ=北海道標津町で2004年7月20日午後4時14分、倉沢皆子さん撮影

 国立科学博物館と北海道大学が、北海道のオホーツク海沿岸でツチクジラの新種を発見し、「クロツチクジラ」と命名した。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に30日、掲載された。新種の鯨類は2014年のオーストラリアウスイロイルカ以来5年ぶり。国際海棲(かいせい)哺乳類学会は現在89種を鯨類と認定しており、90種目になる見込み。

 北大の松石隆教授(鯨類学)らの研究チームが、北海道猿払村から知床半島にかけたオホーツク海沿岸に08…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです