愛媛の誤認逮捕問題 松山地検が満額補償

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛媛県警本部=松山市で、中川祐一撮影
愛媛県警本部=松山市で、中川祐一撮影

 愛媛県警松山東署が松山市の20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕した問題で、松山地検が「被疑者補償規程」に基づき、補償金の上限額となる3万7500円の支払いを決め、女性側に通知した。女性の代理人弁護士への取材で判明した。

 女性は7月8日に逮捕され、2日と3時間半にわたり身柄を拘束された。規程では、容疑なし…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集