メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投打に強力な米国に日本が挑む ジャパン杯第2日の見どころ

【チェコ-日本】4カ月ぶりに実戦復帰し、力投する上野=宇津木スタジアムで2019年8月30日、大西岳彦撮影

 「2019 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会in高崎」(日本ソフトボール協会、毎日新聞社など主催)は31日、群馬県高崎市の宇津木スタジアムで1次リーグの残り3試合が行われる。各試合の見どころを紹介する。

 ▽第1試合(12時) 日本―米国

 1次リーグ2試合で21得点、無失点と投打に強力な米国に日本が挑む。アボットやオスターマンらの好左腕を、山本や山田が引っ張る打線がどう攻略するか。課題とされる投手陣は継投となりそうだ。チェコ戦では出番がなかった左腕・尾崎や浜村らも強力打線を相手にアピールしたい。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです