メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

山岳医/大城和恵 緊迫の富士山!24時間体制の“山の上のお医者さん”に密着

「情熱大陸」で密着する大城和恵

[PR]

 登山ブームと言われて久しい。とりわけ中高年の登山愛好者が急増している。山岳遭難件数も増え続け、警察庁の統計によると去年の発生件数は2661件。1961年以降最も高い数値を示した。

     そんな中、遭難事故の予防活動をはじめ、高山病、脱水症、低体温症、骨折など、登山者の病気や治療に日夜奮闘している日本人初の国際山岳医・大城和恵がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月8日午後11時~)に登場する。

     自身もマッキンリー、マッターホルン、マナスル登頂など豊富な登山歴を持ち、登山家の中でも登頂が難しいとされる危険な山で研さんを積んでいる。

     救助隊が接触した遭難者が生存している確率は2.5%。山で亡くなる人を減らすためには、予防法を周知するなど、医師らが事前に介入する事が大切だという。

     番組では、山岳での3大死因の外傷、心臓突然死、低体温症を未然に防ぐために、登山者に健康・安全のためのアドバイスや指導をしている様子や、山岳遭難の多い北海道の大雪山系、長野県北岳の麓での山岳遭難防止啓発活動の様子を追う。

     さらに今年の夏、富士山八合目(標高3250メートル)にある「富士山衛生センター」に勤務する姿に密着した。

     医療器具が少ない診療所で、登山者の病気や治療にたった一人きり、24時間体制で向き合う。登山者の命を救うため奔走した山岳医の熱い夏――。

    <プロフィル>大城和恵(おおしろ・かずえ) 1967年長野県生まれ。日本人初の国際山岳医。医学博士、山岳医療修士。日本大学医学部卒業後、循環器内科医として約10年間の付属病院勤務を経て、「山での遭難者を助けたい」という思いを募らせて本格的に山岳医療の勉強を始め、イギリスへ留学。日本人初の国際山岳医となる。現在は北海道大野記念病院の循環器内科・登山外来に勤務する傍ら、北海道警察山岳遭難救助隊のアドバイザーも務める。現在、医療情報、心臓死の予防、高所登山のアドバイス、ファーストエイド技術の講習会主宰など、山と登山に関する多方面で活躍。2013年には冒険家・三浦雄一郎のエベレスト登頂にチームドクターとして参加。86歳で南米最高峰のアコンカグア登頂に挑戦した際、標高6000メートル地点で血圧が上がり不整脈が出始めたことから心肺停止する恐れもあると判断し下山させた。趣味の登山は、山登りが好きな父親の影響。大学時代にネパールでの登山中に高山病患者に出会った時に自信を持って治療できず悔しい思いをしたのが山岳医を志したきっかけ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです