メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

是枝作品「真実」 ベネチア映画祭開幕飾る 監督「大役果たせた」(スポニチ)

[PR]

 是枝裕和監督(57)の最新作「真実」(10月11日公開)が28日(日本時間29日)、第76回ベネチア国際映画祭のオープニングとしてお披露目された。

     同作はコンペティション部門にも選出されており、日本人監督が開幕を飾るのは同映画祭初。是枝監督は「映画祭のスタートを決める大役は果たせたかなと思います」と安どの表情を見せた。カトリーヌ・ドヌーブ(75)とジュリエット・ビノシュ(55)が母娘を演じる家族の物語。

     ドヌーブは、公式会見で「私とかけ離れた役で、とても愉快な経験でした」と話したが、現地の通訳が「この役は私に似ている」と日本語で誤訳する一幕もあった。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

    2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです