メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

パラリンピック開幕まで1年 バリアフリーで課題も 取り組みに期待

[PR]

 2020年東京パラリンピックの開幕まで1年を切った。22日には観戦チケットの第1次抽選(ちゅうせん)販売(はんばい)の申(もう)し込(こ)みがスタート。25日にはメダルのデザインや聖火リレーのユニホームが公開され、大会開幕に向けた準備は着々と進む。一方、バリアフリーなど共生社会の実現に向けた取り組みには課題も残っている。

     パラリンピックは、五輪後の2020年8月25日から9月6日まで13日間の日程で、五輪と同じ会場を使って全22競技540種目が行われる。大会には史上最多の4400人が参加する予定だ。車いすテニスや陸上競技などではすでに代表に内定した選手もいる。

     そんな中、大会準備や共生社会の実現に向けた課題も見えてきた。17日には、テスト大会を兼(か)ねたパラトライアスロンのワールドカップがお台場海浜公園(だいばかいひんこうえん)(東京都港(みなと)区)で行われたが、スイムコースの水質が悪化したとして、スイムは中止された。

    車いす対応、もう一歩

     25日には、開会式を想定し、選手村(東京都中央(ちゅうおう)区)から新国立競技場(新宿(しんじゅく)区)へ選手を円滑(えんかつ)に輸送するためのテストを実施(じっし)。車いすに対応したバスも準備し乗り降りを確認したが、車内で車いすを固定するまでに時間がかかるなど課題が残った。

     車いす利用者の宿泊施設(しゅくはくしせつ)不足も心配される。選手やスタッフはバリアフリー対応の選手村を利用するが、国内外から東京を訪れる観戦客や旅行者は、一般(いっぱん)の宿泊施設を探すことになる。東京都の昨年10月の試算では、国のバリアフリー法施行令(しこうれい)が定めた基準を満たす「車いす使用者用客室」は、五輪期間中に1日あたり約300室、パラリンピック期間中も約210室足りなくなる可能性がある。

     東京都は今後建てられるホテルや旅館について全客室で一定のバリアフリー水準を満たすことを義務化。車いすでも泊(と)まれそうな客室の掘(ほ)り起(お)こしも進めるなど、対応を急いでいる。

    世界に新たな風を メダル、扇がモチーフ

     パラリンピックのメダル=写真<右>=のデザインは表裏とも「扇(おうぎ)」をモチーフとし、人々の心を束ねて世界に新たな風を吹(ふ)き込(こ)むとの思いが込められた。表面には点字で「TOKYO2020」と書かれ、裏面には岩・花・木・葉・水の模様が描(えが)かれた。側面に金は1個、銀は2個、銅は3個と初めて円形のくぼみを施(ほどこ)し、触(ふ)れれば種類が分かるように工夫(くふう)されている。

     聖火リレー(8月13~25日)では、走者のユニホームは、リレーのコンセプトである「あなたは、きっと、誰(だれ)かの光だ。」に基づき、市松模様が胸元で黄色く輝(かがや)くデザインとなった=写真<左>。


     ■KEY WORDS

     【パラリンピック】

     障害者スポーツの世界大会。第二次世界大戦中の戦傷病者のリハビリを促(うなが)すため、戦後の1948年に英国のストーク・マンデビル病院で開かれたアーチェリー大会が始まり。

     60年のイタリア・ローマ五輪に合わせて初めて発祥(はっしょう)の地・英国以外で国際大会が開かれ、64年東京大会からパラリンピックという言葉が登場した。当時の出場資格だった下半身まひを示す英語の「パラプレジア」とオリンピックを掛(か)け合(あ)わせたものが語源。後に他の障害のある人にも参加の枠(わく)が広がり、英語の「パラレル(もう一つの)」という意味も込(こ)められるようになった。日本選手は64年東京大会から参加している=写真。

     【スイムコースの水質(すいしつ)が悪化(あっか)】

     16日午後1時の水質検査で、大腸菌(だいちょうきん)の数値が国際トライアスロン連合(ITU)の定める上限の2倍を超(こ)えたことが判明した。ITUでは大腸菌の数値などから水質を四つに分類しているが、今回は最悪の「レベル4」だった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです