メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

台風21号被害1年 関空、防災ぬかりなく

護岸工事が進む関西国際空港。手前左側の真新しいコンクリートがかさ上げされた部分=2019年8月、幾島健太郎撮影

 西日本の“空の玄関口”である関西国際空港で、昨年9月4日に来襲した台風21号による災害を教訓にした対策が進んでいる。

 台風21号では、関空沖で過去最大の5・2メートル(推定)の高潮が発生。東京ドーム2杯分以上に相当する最大270万立方メートルの海水が流入し、滑走路などが浸水した。ターミナルビル地下の電気設備にも水が流入して停電、空調や館内放送が使えなくなった。強風で流されたタンカーの衝突で対岸とを結ぶ連絡橋が損傷して一時、旅客ら約8000人が取り残された。

 現在、海面から5・4~8メートルになるように護岸のかさ上げや地下の電気設備の地上化を進めており、総…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文665文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです