メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

スティング 今こそ再生する深き恋

撮影:Mayumi Nashida

 <楽庫(らっこ)>

 その名も「マイ・ソングス」。ポリス時代も含む歴史的名曲の数々を、自ら現代バージョンにリメークして再構築した、スティングの最新アルバムだ。5月のリリース以来、世界各国で熱く歓迎されている今作が生まれたきっかけは、昨年の大みそかに米ニューヨークのタイムズスクエアでライブを行うにあたり、1999年発表の「ブラン・ニュー・デイ」を新たにレコーディングして発表し、大きな手応えを得たことだったという。

 「そこで思ったんだ。ほかの昔の曲もコンテンポラリーに生まれ変わらせたらどうだろうか、と。僕自身の音楽の感性も、昔よりは洗練されたんじゃないかと思う。間違いなく、レコーディング技術は大きく変化したし、過去と今とじゃ、レコードの音はまるで違って聞こえる。新作の音はずっとクリアで、今の時代に書かれたと言ってもいいくらいコンテンポラリーに仕上がったよ」

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです