メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「全国小学生陸上競技交流大会」 「東京」の次の次の卵たち=やくみつる

 ここのところ、クライミングやバスケットボール、柔道の世界選手権など、来年の東京五輪をニラんだ各競技の重要な大会や試合の中継が目白押し。見る側もいよよ興奮の度を高めていくべき段階なのだろうが、さて弱った。

 なにしろ、こちとら、2013年9月13日付の当欄(東京本社版)でも明らかにしたように東京での五輪開催に異を唱えた口なのである。そんなことやっている場合ではなかろうと。その後、奨学金を受けながら勉学にいそしんでいる大学生諸君を相手にしたトークショーで、彼らの「自分も何らかの形で来たる東京五輪に関わってみたい」との強い思いを聞き、私も一度は態度を軟化させる。1964年大会を知らぬ世代にも、また別の大会があってしかるべきなのかもしれぬと。

 ところがさらにその後、来たる大会の招致に要した不可解なカネの問題や、選手村が大会後に宅地転用される…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです