メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胆振東部地震1年

全域停電、もう二度と 苫東厚真火力発電所の点検公開 /北海道

苫東厚真火力発電所の4号機で行われている中間点検=北海道厚真町で、竹内幹撮影

 北海道電力は30日、昨年9月の胆振東部地震で損傷した苫東厚真火力発電所(厚真町、165万キロワット)の点検作業などを報道陣に公開した。地震で液状化した構内の駐車場はこの1年で整備され、タービン内部が出火した4号機(70万キロワット)では、特殊な工具でボルトを締めるなど油が漏れる原因となった軸付近を固定する対策を講じていた。

 同発電所は道内最大の火力発電所で、地震前に廃止された3号機を除いた▽1号機(35万キロワット)▽2…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです