メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 浪江-大熊間の通行制限解除へ 県道と国道288号一部 /福島

 福島第1原発事故の帰還困難区域を通る県道35号と国道288号の一部(浪江町-大熊町間、6・4キロ)について、国の原子力災害現地対策本部は、9月5日正午、通行制限を解除すると発表した。

 解除するのは同区域を縦断する国道6号、常磐自動車道(いずれも通行制限解除済み)と平行し、国道6号の事故時の迂回(う…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです