メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり
完熟バナナ

雪国で栽培 焼却炉の排熱利用、無農薬で 柏崎・産廃中間処理業「シモダ産業」 /新潟

栽培する品種グロスミッシェルのバナナを見せる霜田真紀子営業部長。収穫から数日で、食べごろサインの黒い斑点が皮に表れる=新潟県柏崎市荒浜で

 雪国で知られる柏崎市に、大規模なバナナ農園が誕生した。1本1000円以上もするという高級品種の「グロスミッシェル」を、樹上で完熟、無農薬栽培する。地域のブランド化も期待できるという。南国の果物が雪国で育つその理由とは?【内藤陽】

 この農園は、産業廃棄物中間処理業の「シモダ産業」(霜田彰社長)が手がける「シモダ・ファーム」(柏崎市荒浜)。24時間稼働する焼却炉の排熱を使うのが特徴で、温水をハウス内の配管に通し、冬場でもバナナの生育に最適な24度に保たれる。

 なぜバナナなのか。そのきっかけは、霜田社長が聞いた、知り合いのフィリピン人女性のひと言だった。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです