メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えちごトキめき鉄道

次期社長に鳥塚氏 元いすみ鉄道社長 再生の手腕期待 /新潟

新社長に内定した鳥塚氏=えちごトキめき鉄道提供

 えちごトキめき鉄道は30日、次期社長に、いすみ鉄道(本社・千葉県大多喜町)の社長を務めた鳥塚亮(あきら)氏(59)が内定したと発表した。鳥塚氏はローカル鉄道を再生させる全国屈指の「カリスマ鉄道マン」として知られ、経営難に苦しむトキ鉄再生のキーマンになる人物として手腕が期待される。

 鳥塚氏は明治大学商学部卒。元々は航空マンで、子どものころからの鉄道ファンが高じ、英国航空の部長から、経営再建中のいすみ鉄道社長に転じた異色の経歴を持つ。

 昨年6月まで9年間務めたいすみ鉄道では、イメージキャラクターに「ムーミン」を採用したり、旧国鉄時代…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 封鎖の私道バリケード撤去命じる仮処分 長崎地裁、管理会社に

  4. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです