メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県原子力防災訓練

住民避難に万全期す 美浜原発事故想定、延べ1万人参加へ /福井

訓練で原子炉格納容器の冷却のため海水をくみ上げる準備をする関西電力社員ら=福井県美浜町の関西電力美浜原発で、高橋一隆撮影

 県は30日、地震による関西電力美浜原発(美浜町)の大事故を想定した原子力総合防災訓練を2日間の日程で始めた。美浜原発30キロ圏内の敦賀、小浜、越前の3市と美浜、若狭、南越前、越前の4町が広域避難の対象とされ、31日の住民実動訓練を含め延べ1万人参加する見込みだ。【高橋一隆、大森治幸】

 訓練は、30日午前9時に若狭湾を震源とした地震が起き、美浜3号機が外部電源を失ったほか、非常用炉心冷却装置などの設備も壊れて原子炉の冷却ができなくなるというシナリオ。

 午前9時半、県庁では関係機関が集まった災害対策本部会議が開かれ、最初に福井地方気象台から「県内の最…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです