雨畑ダム

日軽金が浸水対策へ 地域住民「抜本的解決を」 /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 早川町の雨畑ダムに土砂が堆積(たいせき)し上流の雨畑川で河床が上昇している問題で、ダムを所有する日本軽金属(東京)は30日、雨畑川沿いの本村地区への浸水を防ぐため、土堤防とコンクリート防水壁を設置する方針を明らかにした。【野呂賢治、高田奈実】

 日軽金が県に提出した「雨畑湖本村地区浸水被害応急対策工事実施計画書」によると、本村地区への浸水を防ぐための応急対策として、川底から掘削した土砂を河川横の約380メートルにわたって盛り土し、土堤防を設置する。さらに雨畑川沿いの道路沿いに約200メートルにわたってコンクリート防水壁も設置するという。計画書では土堤防は9月下旬、コンクリート…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

あわせて読みたい

ニュース特集