メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OMF

あす公演「ピーターと狼」 音楽×絵×朗読楽しんで 画家、降矢さんの絵を巨大スクリーンに投影 /長野

「ピーターと狼」のイメージ画(C)降矢なな=OMF実行委員会事務局提供

 「音楽×絵×朗読」のハーモニーを楽しんで--。セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)の目玉公演「オーケストラコンサート『ピーターと狼(おおかみ)』」が9月1日午後3時から、まつもと市民芸術館(同市深志3)で一般公演される。子どもから大人まで楽しめる演目の見どころを聞いた。【坂根真理】

 ロシアの作曲家プロコフィエフが、子どもたちのために作曲した音楽作品「ピーターと狼」をサイトウ・キネン・オーケストラがさまざまな楽器の音色で表現。ラデク・バボラークさん指揮の音楽に合わせ、画家の降矢ななさん(57)が描き下ろした絵がスクリーンに投影され、俳優のムロツヨシさん(43)が語りを担当する。

 「一生に一度来るかどうかの仕事。断ったら後悔すると思ってチャレンジしました」

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです