メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万葉時代の伊賀

「令和」の出典部や里中満智子さんの絵など展示 3日から開催 県庁舎と2市役所で 伊賀広域 /三重

三重県伊賀市役所で見られる大海人皇子= (C)里中満智子、同県提供

 新元号「令和」の出典となった「万葉集」の歌が詠まれ、伊賀も戦いの場になった「壬申の乱」が起きた時代の史跡や、漫画家の里中満智子さんが描いた万葉歌人らの絵(複製原画)などを紹介する「壬申の乱と万葉の時代の伊賀」展が9月3日~10月18日、県伊賀庁舎と伊賀市役所(いずれも四十九町)、名張市役所(鴻之台1)で同時開催される。【大西康裕】

 日本の古代最大の内乱「壬申の乱」(672年)は吉野を出た大海人皇子が名張、伊賀を通り、美濃に入って兵を整え、大友皇子に勝利し、天武天皇として即位した。今回は、両市や県の斎宮歴史博物館と埋蔵文化財センターなどが所蔵する計23点を展示し、新元号で注目される「万葉の時代」の伊賀に光を当てようと企画された。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです