バレーボール

東レアローズ「今季は短期決戦」 10月Vリーグ開幕 主将ら市長訪問 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記念撮影する(左から)東レアローズの堀川真理主将、大津市の越直美市長、日高萌選手、伊藤望選手=同市役所で、菅健吾撮影
記念撮影する(左から)東レアローズの堀川真理主将、大津市の越直美市長、日高萌選手、伊藤望選手=同市役所で、菅健吾撮影

 10月12日からバレーボールVリーグの新シーズンが開幕するのを前に、大津市を本拠地とするVリーグ1部(V1)女子・東レアローズの菅野(かんの)幸一郎監督(52)と堀川真理主将(27)らが30日、市役所で越直美市長を表敬訪問した。越市長は「皆さんの活躍が大津市を勇気づける。市民を代表して活躍を祈念します」と激励した。

 昨シーズン準優勝の東レアローズは、5月の「第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」(毎日新聞社など主催)で9年ぶりに優勝。Vリーグ前身のVプレミアリーグ2011~12年シーズン以来となる優勝に向け、勢いに乗っている。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文544文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集