メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里の公共員

府、新たに4人を委嘱 丹後地域活性化に /京都

「里の公共員」に委嘱された(左から)関野祐さん、安田直樹さん、福田透子さん、難波律子さん=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 府は30日、丹後地域に新たに4人の「里の公共員」を委嘱した。地域の課題に取り組み、地域の活性化を目指す府の事業で、丹後地域は計7人態勢となる。

 委嘱されたのは関野祐さん(31)=宮津市上宮津地域会議▽安田直樹さん(59)=京丹後市大宮町地域会議設立準備会▽福田透子さん(26)=京丹後市弥栄町区長連絡協議会▽難波律子さん(49)=京丹後市丹後町・豊栄連合区。

 府によると、活動期間は3年を基本とし、延長が可能。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです