メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里の公共員

府、新たに4人を委嘱 丹後地域活性化に /京都

「里の公共員」に委嘱された(左から)関野祐さん、安田直樹さん、福田透子さん、難波律子さん=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 府は30日、丹後地域に新たに4人の「里の公共員」を委嘱した。地域の課題に取り組み、地域の活性化を目指す府の事業で、丹後地域は計7人態勢となる。

 委嘱されたのは関野祐さん(31)=宮津市上宮津地域会議▽安田直樹さん(59)=京丹後市大宮町地域会議設立準備会▽福田透子さん(26)=京丹後市弥栄町区長連絡協議会▽難波律子さん(49)=京丹後市丹後町・豊栄連合区。

 府によると、活動期間は3年を基本とし、延長が可能。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです