メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボローニャ国際絵本原画展2019

山の気持ち、考えよう 出展の間中さん、児童らとワークショップ /兵庫

「山」に変身した子どもたち。左端は間中ムーチョさん=兵庫県西宮市中浜町の西宮市大谷記念美術館で、生野由佳撮影

 西宮市大谷記念美術館(西宮市中浜町)で開催中の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」で30日、出展作家の間中ムーチョさんによる「山」について考えるワークショップが開かれた。

 間中さんは東日本大震災(2011年)に伴う東京電力福島第1原発事故後、茨城県から神戸市に自主避難した。絵本の原画となる「にんげんさまへ」と題した5点の作品も、原発事故で汚染された山々が怒っている様子などを描いている。

 ワークショップには、小学生の男女7人が参加。間中さんが「山には前も後ろも表情があるね」などと声を掛…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. くらしナビ・ライフスタイル 年賀状 やめる?変える?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです