メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県展

1323点が入選 県立美術館で来月3日から展示 /福岡

 第75回県美術展覧会(県展)の入賞者、入選者が決まった。公募の部は、日本画▽洋画▽彫刻▽工芸▽書▽写真▽デザイン--の7部門に2346人が計2822点を出品。入賞129点を含む1323点が入選した。

 最高の県知事賞は、日本画=川上斎子さん(58)福岡市中央区▽洋画=篠原律子さん(66)筑紫野市▽彫刻=寺本幸弥さん(22)宇美町▽工芸=浮橋美保子さん(65)糸島市▽書=高橋貴子さん(71)飯塚市▽写真=井上真由美さん(77)北九州市小倉北区▽デザイン=大山彩音さん(16)太宰府市(年齢はいずれも応募時)。

 作品は福岡市中央区天神の県立美術館で部門ごとに展示する。日程は、書=9月3~8日▽洋画=10~16日▽日本画・彫刻・デザイン=18~23日▽工芸・写真=25~29日。オープニングセレモニーは3日午前9時45分から同館で。

この記事は有料記事です。

残り2304文字(全文2670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです