メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野彦馬

撮影の原板見つかる 滋賀から貴重資料里帰り 「写真史ひもとく一助に」 長崎大付属図書館HPで紹介へ /長崎

 幕末の長崎で国内初の写真館「上野撮影局」を開業し、坂本龍馬らを撮影した上野彦馬(1838~1904年)が1868年に撮影したガラス原板が滋賀県内で見つかり、原板を含む資料12点が30日、長崎大に寄贈された。同大によると、上野が手がけたガラス原板は国内に数点残るだけといい、「上野の写真術を研究する貴重な資料」としている。【田中韻】

 見つかったのは、薬液を塗ったガラス板をフィルム代わりにする「湿板写真」の原板(縦10・8センチ、横…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです