メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

消費増税まで1カ月 価格設定、悩む外食 軽減税率で複雑化

 消費税率10%への引き上げが行われる10月1日まで、あと1カ月となった。今回は生活必需品の税率を現行の8%に据え置く軽減税率が初めて導入される。ポイント還元制度も実施されるため、対象商品の線引きや価格が複雑化する。小売店は対応に迷いながら準備を急いでいる。

 軽減税率は、飲食料品に適用されるが、外食は対象外。飲食店の場合、店内で食べれば10%かかるが持ち帰りや宅配なら8%となるため、各社は価格設定に頭を悩ましている。

 「お客様にとって分かりにくいのは良くない。思いきって変えよう」。日本ケンタッキー・フライド・チキンが方針を公表したのは、増税まで2カ月強に迫った7月下旬だった。

この記事は有料記事です。

残り2669文字(全文2960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです