メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

犬の散歩ついでにごみ拾い=無職・吉野ミツヱ・72

 (山口県美祢市)

 犬を飼っている友人は毎日、愛犬の散歩に出かけている。雨の日も風の日も大変だろうと思うのに、最近では散歩のついでにごみ拾いもするという。散歩には犬のフンを始末する袋と、ごみ入れ用のビニール袋を持って出かける。歩きながら道路脇や草むらに目をやると、意外にたくさんのごみが落ちているという。

 友人は商店を営んでいて、毎日がとても忙しそうだ。それで少しでも手助けになればと、私は4、5年前から週に1度、犬の散歩を手伝っている。今回「散歩のついでにごみ拾い」の話を聞き、私も早速、ごみ袋を持って出かけた。往復3キロの散歩道は、人の往来や交通量が多い方ではない。それなのに、周囲に目を配ると、今まで気にも留めなかったごみが見えてくる。

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです