20年度予算

概算要求 防衛費、最大5.3兆円 「いずも」空母化に31億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛省は2020年度予算の概算要求で、過去最高となる5兆3223億円を要求した。昨年末に策定した「中期防衛力整備計画」(中期防)で重視した宇宙やサイバー、電磁波など「新領域」での能力向上にかかる費用や、海上自衛隊の護衛艦「いずも」を「空母化」する改修費(31億円)などが膨らんだ。12月の当初予算案も、19年度の5兆2574億円を超え、過去最高を更新する見通し。

 米軍再編関係経費(19年度当初・1935億円)は、前年に続き、金額を明示しない「事項要求」とした。同省は「今の時点で具体的な所要額が見込めない」としている。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文712文字)

あわせて読みたい

注目の特集