メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

預託商法

事件相次ぐ 取り締まりに壁 消費者委、「新法制定」意見書

 高配当をうたった「預託商法」「オーナー商法」と呼ばれる悪質な消費者事件が相次いでいるのを受け、内閣府の消費者委員会は30日、一定の販売預託取引を禁じた立法などを求める意見書(建議)を、宮腰光寛消費者担当相と山本順三国家公安委員長に出した。建議が新法制定の必要性に踏み込むのは異例。来年2月までの報告を求めており、消費者庁の対応が注目される。

 預託商法は、物や権利を消費者に販売した上で「運用して利益を出す」として事業者が預かる。このため、運…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです