メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

ラジオ、制度改正容認 AM→FM転換OK 総務省有識者会議

 総務省の有識者会議は30日、民放AMラジオ局がAM放送を終了し、FM放送への転換を可能にする制度改正を認める方針を示した。日本民間放送連盟(民放連)が今春、厳しい経営環境を理由に制度改正を2028年までに実施するよう、総務省に要望していた。同省は、早期に具体案の検討に入る。

 民放連は3月の有識者会議で、AM放送を終了しFMに転換するか、AMとFMの放送を併用するかをAM各局が選択できる制度への改正を要望。23年に予定される次回の再免許交付時をめどにAM放送を一部地域で停波する実証実験を行い、28年の次々回の再免許交付までに制度を改正するよう求めていた。

 AM各局は14年から、難聴地域対策や災害対策として、AMと同じ番組をFMでも同時に流すワイドFM(FM補完放送)に取り組んでいる。全国のAM局47社のうち44社がすでに実施。残る3社も近く始める予定だ。

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  3. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  4. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです