メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

波の高さに影響 4度上昇で海岸線の5割 京大など研究

 現在のペースで地球温暖化が進むと、波の高さや向きなどに影響が出る海岸線は世界の5割以上に上るとの予測を、京都大などの国際研究チームが英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。日本は現在より波がやや穏やかになるが、砂浜など沿岸の地形が変わったり、海水が混ざりにくくなって生態系に影響が出たりする可能性がある。

 波は海上の風で生じるため、気候変動によって風の吹き方が変わると影響を受ける。チームは温室効果ガス濃…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです