メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・東海岸沖の米軍ヘリ窓落下

飛行停止要請 副知事、国に抗議

抗議文を読み上げる沖縄県の謝花喜一郎副知事(右)=那覇市の県庁で2019年8月30日

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊大型ヘリコプターCH53Eの重さ約1キロの窓が沖縄本島東海岸8キロ沖に落下した事故を受け、県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は30日、県庁で防衛省沖縄防衛局の田中利則局長らに抗議し、同型機の飛行を1週間停止し、原因究明と安全管理の徹底を米軍に求めるよう要請した。【遠藤孝康】

 事故は27日夕に発生。機体後方のプラスチック製の窓(縦58センチ、横47センチ)が落下した。28日…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです