メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨

流出油、回収続く 佐賀の病院、孤立解消

油が残る順天堂病院の周囲で吸着マットを広げる自衛隊員=佐賀県大町町で2019年8月30日、津村豊和撮影

 九州北部を襲った記録的大雨で周囲が冠水していた佐賀県大町町の順天堂病院は30日、水が引いて車両などの通行が可能となり、2日ぶりに孤立状態が解消された。県によると、院内にいた患者ら179人の容体は落ち着いており、転院などの必要はないという。一方、同県内では、水が引いた地域で被災者の片付けが本格化。同県武雄市や大町町などは31日から災害ボランティアを受け付ける。

 順天堂病院は28日の大雨で、入院患者110人や敷地内にある老人保健施設の入所者69人、医療関係者ら…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです