メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印アッサム州で190万人「無国籍」 国民登録で イスラム教徒排除か

国民登録簿の最終版が発表される前に警戒するインドの治安当局者ら=インド北東部アッサム州で8月30日、ロイター

 インド北東部アッサム州で8月31日、インド国民であることを示す「国民登録簿(NRC)」の最終版が発表され、申請者約3032万人のうち約190万人が除外され、「無国籍」になる恐れが出ている。人権団体は「イスラム教徒が標的にされた」と批判。120日間は裁判所に異議申し立てできるが、地元メディアによると、拘束や国外追放を懸念して自殺者も出ており、混乱は続きそうだ。

 「両親も夫も登録されたのになぜ私だけ除外されたのか。死ぬしかない」。イスラム教徒の主婦、モフィダ・…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです