メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復旧作業が本格化 ボランティアの受け付け始まる 佐賀4市町 九州北部大雨

 九州北部を襲った大雨の被害を受け、災害ボランティアの受け付けが31日、佐賀県武雄市や大町町など県内4市町で始まり、復旧作業が本格化した。被災後初めての週末を迎え、県内外から多くの人たちが駆け付け、浸水した住宅の片付けや清掃などにあたった。

 佐賀県によると、浸水被害は床上・床下合わせて1100軒超に上るが、被害の全容は明らかになっていない。大町町では鉄工所から流出した油が住宅周辺にまで広がっており、家の中に入り込んだ油の除去作業も必要となっている。

 武雄市北方町のボランティアセンターには、早朝から多くの人たちが列を作った。地元の高校2年生、長森実…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  3. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  4. 伊原六花 登美丘高校ダンス部元キャプテン、CMで自身考案ダンス披露

  5. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです