メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「午前8時、真っ暗に」浸水の甘納豆メーカー「お客様のため」復旧急ぐ 佐賀・武雄

 九州北部の記録的な大雨で広範囲にわたって冠水した佐賀県武雄市では、民家や農地のほか、地元製造業などにも深刻な浸水被害が出ている。全国に出荷する甘納豆メーカー「光武(みつたけ)製菓」は、本社兼工場が水につかり、生産停止に追い込まれた。従業員は被災から連日で片付け作業に当たり、早期復旧を目指している。

 「午前8時過ぎ、工場内に浸水すると同時に停電し、真っ暗になった。まさかここまで水がくるとは」。8月28日未明から同市北方町大崎にある工場で勤務していた、製造現場担当の古賀豊主任(30)は、当時を振り返る。同社の防犯カメラの映像には、早朝に激しい雨が降り、工場前の水位が…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです