「午前8時、真っ暗に」浸水の甘納豆メーカー「お客様のため」復旧急ぐ 佐賀・武雄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州北部の記録的な大雨で広範囲にわたって冠水した佐賀県武雄市では、民家や農地のほか、地元製造業などにも深刻な浸水被害が出ている。全国に出荷する甘納豆メーカー「光武(みつたけ)製菓」は、本社兼工場が水につかり、生産停止に追い込まれた。従業員は被災から連日で片付け作業に当たり、早期復旧を目指している。

 「午前8時過ぎ、工場内に浸水すると同時に停電し、真っ暗になった。まさかここまで水がくるとは」。8月28日未明から同市北方町大崎にある工場で勤務していた、製造現場担当の古賀豊主任(30)は、当時を振り返る。同社の防犯カメラの映像には、早朝に激しい雨が降り、工場前の水位が…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

あわせて読みたい

注目の特集