メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「午前8時、真っ暗に」浸水の甘納豆メーカー「お客様のため」復旧急ぐ 佐賀・武雄

 九州北部の記録的な大雨で広範囲にわたって冠水した佐賀県武雄市では、民家や農地のほか、地元製造業などにも深刻な浸水被害が出ている。全国に出荷する甘納豆メーカー「光武(みつたけ)製菓」は、本社兼工場が水につかり、生産停止に追い込まれた。従業員は被災から連日で片付け作業に当たり、早期復旧を目指している。

 「午前8時過ぎ、工場内に浸水すると同時に停電し、真っ暗になった。まさかここまで水がくるとは」。8月28日未明から同市北方町大崎にある工場で勤務していた、製造現場担当の古賀豊主任(30)は、当時を振り返る。同社の防犯カメラの映像には、早朝に激しい雨が降り、工場前の水位が…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです