メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の大嘗宮工事は非公開だったのに、令和は公開 その理由は

建設中の大嘗宮。左は天皇陛下が儀式を行われる主基殿=東京都千代田区の皇居・東御苑で2019年8月28日午前10時58分、高島博之撮影

 皇位継承に伴う儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14、15日)に向け、その舞台となる大嘗宮(だいじょうきゅう)の工事が皇居・東御苑で本格化している。平成の代替わり時はテロを警戒して全面休園して工事を見えないようにしたのに対し、今回は休園せず誰でも見られる状態にしているのが大きな違いだ。宮内庁には、宗教的な性格が強い大嘗祭に国費を支出することへの理解を求める狙いもある。

 工事が始まって約1カ月たった8月下旬、東御苑の本丸地区の一角で、クレーン車が材木をつり上げ、寺社建…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです