メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の投手陣、課題修正できるか 強力打線の米国と再戦 ジャパン杯決勝見どころ

【台湾-日本】日本の先発・尾崎=宇津木スタジアムで2019年8月31日、大西岳彦撮影

 「2019 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会in高崎」(日本ソフトボール協会、毎日新聞社など主催)は最終日の1日、群馬県高崎市の宇津木スタジアムで決勝と3位決定戦が行われる。各試合の見どころを紹介する。

 1次リーグの対戦では台湾が、林鳳珍が本塁打を放つなど長打力を発揮し、5盗塁と機動力も絡めて圧倒した。チェコは3試合で計32失点の投手陣が粘って大会初勝利につなげたい。

 1次リーグで米国相手に8失点を喫した日…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです