メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メダルは金4、銀6、銅5 個人戦終了 1日は男女混合団体戦 世界柔道

男子100キロ超級で準優勝に終わり、表彰式でも笑顔のない原沢久喜=東京・日本武道館で2019年8月31日、喜屋武真之介撮影

 柔道の世界選手権第7日は31日、男女計2階級が行われ、女子78キロ超級で個人戦初出場の19歳、素根輝(そね・あきら)=環太平洋大=が金メダルを獲得した。準決勝でカイラ・サイト(トルコ)を降し、決勝では前回2位のイダリス・オルティス(キューバ)を破り、初出場優勝を果たした。前回覇者の朝比奈沙羅(パーク24)…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです