メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マザーツリー

台風被害1年 「深緑」再生の輝き 幹折れても新しい葉 白神山地 /青森

幹が折れてからまもなく1年を迎えるブナの巨木「マザーツリー」=青森県西目屋村で

 台風による暴風で、西目屋村のブナの巨木「マザーツリー」の幹が折れてから、まもなく1年を迎える。冬を越した世界自然遺産・白神山地のシンボルに新たな生命が宿り、季節とともに「新緑」から「深緑」へと移り変わる姿が見る人に大自然のたくましさを感じさせている。【藤田晴雄】

 「まだ生きている。自然の力はすごい」。今年8月27日、折れたマザーツリーの様子が気になり、現地に足を運んだという川崎市の神野叔人(よしひと)さん(88)は、現在の姿を見た瞬間、思わずつぶやいた。

 マザーツリーは、西目屋村と鰺ケ沢町の境の津軽峠付近にあり、高さ約30メートル、幹回りが4・65メートル。ブナの木の寿命が300年前後といわれる中、推定樹齢が400年以上とされている。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです