メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま記者日記

変転する歴史評価 /埼玉

 土曜朝刊掲載の「さいたま歴史散歩」で「平将平の故跡」と題した連載を担当した。群馬県境に近い小鹿野町藤倉の山間地で住民の氏神としてまつられる諏訪神社本殿に、平安中期に「将門の乱」を起こし朝廷の逆賊とされた平将門の弟将平と思われる絵が見つかったのがきっかけだった。

 絵は墨の黒と石灰の白に江戸末期の輸入染料らしい赤を基調に、意外と鮮…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです