メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙防止条例

きょう一部施行 喫煙の可否、飲食店掲示 都が啓発活動 /東京

店頭に時間分煙を示すステッカーを貼った洋食店「レストラン桂」の店主=中央区日本橋室町1で影

 都の受動喫煙防止条例が9月1日に一部施行され、飲食店の入り口に「禁煙か、喫煙できる場所があるか」が分かる標識の掲示が義務化される。前日の31日には都が啓発活動の一環として、飲食店の協力を得て、標識のステッカーが張り出される様子を報道関係者に公開した。

 都条例が来年4月に全面施行されると、従業員を雇っている飲食店は原則全面禁煙になり、都内の飲食店の84%(約13万軒)が規制の対象となる。

 都は、条例の一部施行により9月開幕のラグビー・ワールドカップ日本大会で海外から訪れる人たちにも、店…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです