メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

関川 古民家カフェ 元麹屋 農機具や土蔵、懐かしさ漂う /新潟

カウンターでコーヒーをドリップする店主の佐藤隆平さん=新潟県関川村朴坂で

 国道290号を村上方面へ北上し、女川にかかる橋を渡って左へ曲がり少し走ると、古民家の農作業小屋を改修したカフェがある。

 一面の水田、遠くに山があり近くに川が流れる。のどかな日本の原風景に溶け込んだ古民家は1903年に建てられた。近くの豪農の館である国指定重要文化財の渡辺邸とは違い、こちらは庶民の生活が感じられる。この家の4代目で店主の佐藤隆平さん(69)が関川郵便局長を退職後、少しずつ整備をしながら、2012年にオープンした。「郵政民営化の準備のあと、自力で何かもう一つやりたかった」と考えた末、実家の古さを生かしたカフェを開くことを思いついた。

 カフェのテーマは「懐かしさのある農村風景と生活感のある古民家の中でゆっくりしてもらう」こと。「こん…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです