メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラボ便り

HIV感染抑える、たんぱく質を確認 京大など、mRNA分解 /京都

HIV感染を抑制するたんぱく質の働き

 エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の遺伝情報を伝える「メッセンジャー(m)RNA」を分解し、感染を抑制するたんぱく質を新たに突き止めたと京都大などの研究チームが発表した。HIV感染を防ぐ免疫システムはウイルス遺伝子を抑制する方法などが知られているが、mRNAを狙う仕組みが明らかになるのは初めてで、新たな治療法につながる可能性がある。

 成果は英科学誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」電子版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです