メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラボ便り

HIV感染抑える、たんぱく質を確認 京大など、mRNA分解 /京都

HIV感染を抑制するたんぱく質の働き

 エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の遺伝情報を伝える「メッセンジャー(m)RNA」を分解し、感染を抑制するたんぱく質を新たに突き止めたと京都大などの研究チームが発表した。HIV感染を防ぐ免疫システムはウイルス遺伝子を抑制する方法などが知られているが、mRNAを狙う仕組みが明らかになるのは初めてで、新たな治療法につながる可能性がある。

 成果は英科学誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」電子版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文668文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです