メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

隠岐島前 島留学先駆け、難関大進学実績も /島根

大江和彦=島根県海士町で2018年5月、前田葵撮影

 島根半島の北約60キロの日本海に浮かぶ隠岐諸島。その西ノ島町、海士町、知夫村から成る隠岐島前地域で唯一の高校だ。菱浦港(海士町福井)近くの丘の上に立つ校舎で約160人が学んでいる。同窓会は「家督(あとど)会」。

 1955(昭和30)年に島後地域の隠岐高校の分校として定時制で開校。その後、島民らが全日制とするよう国に要望し、58(昭和33)年に分校としては全国初の全日制となった。65(昭和40)年には隠岐高校から分離独立し現在に至る。

 最盛期の60年代には250人以上の生徒がいた。しかし3町村の少子高齢化が進み、入学者数は減少。20…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです