メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港デモ

市民続行 警察、強制排除 複数拘束

政府庁舎周辺の幹線道路を占拠した若者らに対し降り注ぐ催涙弾=香港・金鐘で31日午後6時12分、福岡静哉撮影

 香港で31日、政府に反発する市民らが再び大規模デモを実施した。警察当局はデモを許可しなかったが、若者の一部は政府庁舎周辺の幹線道路を占拠したり、警察本部近くでゴミなどに放火したりするなどした。警察当局は催涙弾や放水などで若者らを強制排除し、複数を拘束した。

 警察当局は31日を前にデモと集会を禁止する異例の措置を取るとともに、30日には運動のリーダー格を一斉に拘束して圧力を強めた。しかし、一連の措置はかえって市民の反発を招き、「買い物」や「散策」名目で中心部に集結した市民は「香港人、頑張れ」「香港に自由を」など…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです