メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

在日ジャグラー、次世代へ語る(その1) 融和の願い、技に乗せ

中国ゴマを使ったパフォーマンスを見せる金昌幸さん=奈良市の市立一条高で、大西達也撮影

 「バリバリの在日家庭だと、日本語と朝鮮語をくっつけてしゃべる。今風に言うと、ハイブリッドみたいなもんですわ。例えば、『それ何』を『それナニムニカ』と言ったり……」

 奈良市立一条高校の体育館。6月5日、人権学習の講師に招かれた在日コリアン3世の金昌幸(キムチャンヘン)さん(33)が2年生約360人に向かって軽妙に語りかけた。

 朝鮮半島出身者への根強い差別を背景に、小学校時代に激しいいじめに遭っていた過去を赤裸々に明かす。話の内容は重く、暗いはずなのに、ユーモアを交えた講演に生徒からは時に大きな笑いが起こった。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです