メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

在日ジャグラー、次世代へ語る(その1) 融和の願い、技に乗せ

中国ゴマを使ったパフォーマンスを見せる金昌幸さん=奈良市の市立一条高で、大西達也撮影

 「バリバリの在日家庭だと、日本語と朝鮮語をくっつけてしゃべる。今風に言うと、ハイブリッドみたいなもんですわ。例えば、『それ何』を『それナニムニカ』と言ったり……」

 奈良市立一条高校の体育館。6月5日、人権学習の講師に招かれた在日コリアン3世の金昌幸(キムチャンヘン)さん(33)が2年生約360人に向かって軽妙に語りかけた。

 朝鮮半島出身者への根強い差別を背景に、小学校時代に激しいいじめに遭っていた過去を赤裸々に明かす。話…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです